about FX

スキャル・デイトレ・スイングの違い

443 0

今更ですがトレード手法についてです笑

スキャルピングトレード

エントリーからエグジットまでが数秒から数分で行われるトレードとなります。

狙う利幅は数十pipsから数pips程度。

私の知る限りスキャルピングでも2タイプあり、数PIPS、下手すると1pips以下の利幅でトレードを行い、1日に何度もトレードを行い、利益を積み重ねていくタイプと、1日に研ぎ澄ました数トレードを高ロットで利益をとる2タイプ。

下手すると1分足とかではなく30秒足や15秒足、もしくはそれ以下でトレードしているプロもいますね。

トレード自体が短時間なので時間がない人が向いてるみたいなこという人がたまにいますが、一番チャートみているトレード手法となります。

このトレードをするには、スプレットが低く約定能力が高いブローカーを使う必要があります。

例えば1pips違えば、20トレードすれば20pips損することになりますからね。非常に大事。

デイトレード

その名の通り大体1日未満でエグジットするトレード手法です。

狙う利幅は数十PIPS 。

主に使う足は1D、4Hあたりではないかなと思います。

基本的に長期足でトレンドを読み、指値や逆指値をさして、決済も注文時に入れて基本ほったらかし、数時間に一度確認して修正していく手法です。

個人的にはオススメ。とりあえずメンタル楽です。

スイングトレード

こちらは数日、長い時には数週間ポジションを保持するトレードです。

狙うは数十pipsから数百pipsですかね。

下手すると週に1回トレード機会があるかどうか位です。

メインは週足や月足、エントリータイミングを日足で狙う感じですかね。

シナリオ組み立てて、エントリーポイントまでひたすら待ちます笑

ファンダメンタルも重要になってきますね。

その他

他には、ポジショントレードとかアービトラージとかありますが、主なものは上記かなと思います。

自分にあったトレード手法を探しましょー。

ちなみに勝てない人は、ロットを減らしてTP/SLをその分広めるとか、みている時間足を一つ上に上げてみると勝率上がると思いますよ。手法がおかしくなければ。

Leave A Reply

Your email address will not be published.

ツールバーへスキップ