about FX

プロスペクト理論

361 0
プロスペクト理論

マインドセット第二弾は、プロスペクト理論です。

いわゆる損大利少、コツコツドカンの説明です。

■あなたはどちら??

まずは、よく出てくる例題。

  • 質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする
    1. 選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
    2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。
  • 質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
    1. 選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
    2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

まず、質問1。
この問題の金額的な期待値は、1・2共に100万円です。
利益に関して同じ金額であれば、一般的には、堅実性の高い1の必ず入る利益を選択する人が大多数です。
さらにいくと期待値が少しくらい低くても確実性な選択肢を選びます。

次に、質問2。
こちらも金額的な期待値は同じく100万円。
質問1で1を選択した人は損失に関して同じ期待値であれば、2のギャンブル性の高い2を選ぶ人が圧倒的に多いです。
こちらも期待値が多少低くてもギャンブル性の高い選択肢を選びがちです。

■トレードに当てはめると。。。

まず質問1のケースをトレードに当てはめると、届くかわからない+100pipsより今の+10pipsを取りたいので、利益伸びる前に利確してしまい、勝ちトレードでも獲得益は少なくなります。

次に質問2のケースは、今の−100pipsがプラ転して、+100pipsになると信じて今の−10pipsで損切りできず、放置するため、そのまま逆行していくのをながめてる。。

たちが悪いのは、成功経験があると良い方に考えるんですよね。
前に逆行したのが持ち直して利益が出たことがあるから、今回も戻るかもと淡い期待をするわけです笑 必ず戻るならみんな勝ってます。。

まとめると・・

  • 人は、利益を得ることよりも、損失を回避することを優先する
  • 人は、利益に関してはすぐに確定させたい、損失に関しては先送りにする

という人間の心理的傾向のことです。

そうなる様になっているので、克服しなくてはいけません。

克服するには。。

  1. 取引、利確、損切りのルールを決める。
  2. トレードノートをつけて、ログをとる。
  3. ログを見返し、良かった点・ダメな点を明確にし、ダメなところを改善していく。

いわゆるPDCAサイクルが非常に大事だと思います。

細かな点はまた改めて記事にしていこうと思います。

Leave A Reply

Your email address will not be published.

ツールバーへスキップ